アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

もしやモチベーター⁉︎

監督交代が現実味を帯びてきたころ、文丈さんは、ヤンツーさんや達磨さんのように特異なことをやっているわけでなく、ベーシックな4-4-2で戦っているので、交代をしてもさほど変化は起きないのではないかと、期待はしていなかった。
ただし、ドゥンガのようなモチベーターが来たら別だけど、と仲間うちで話していた。

呂比須さんの監督就任が決定的になった時、FW出身なんだけど守備は大丈夫なんだろうか?と心配になった。
何しろザルビレックスを地で行く失点数と、人数が揃っていても全員がボールウォッチャーになってしまうほどに、守備が崩壊していたから。

蓋を開けてみると、攻撃時は4-2-3-1、守備時には3-4-3の形を作る配置と、マンツーマンへの変更など4日間しかない中で、よくぞここまで仕上げたなと思い、あぁ実は戦略家なのかなと思ったのでした。


そしたら試合後に流れて来る情報は、入り待ちをしているサポーターを見つけ、選手に声を掛け(ここまでは、ヤンツーさんもやっていた)、加えて窓を開けて、サポーターとアイコンタクトを取ろうと呼び掛けたという。

ロッカールームでは、ヘッドフォンを付け個々に集中力を高めていたこれまでの慣習を改めて、サンバを流し選手全員で気分を高めていたと聞く。

さらに、試合翌日のクールダウンの前には「良い所探し・悪い所探しDVD(私命名)」を編集し、良いシーンには拍手、そしてフライパンをも用意して打ち鳴らし選手達で賞賛したという。

あれ?
呂比須監督ってば、意外にもモチベーター?
というか、かなりのモチベーター?

ドゥンガのような怒れる闘将ではなく、どうやら全てを巻き込んで共に闘う監督であるようです。

個人的には負けた時の態度やコメントこそ、真の姿が現れると思っていますし(負けては困るが)、そんな時にどんな形でモチベーションをあげるのか気になります(いや。負けて欲しいとは思わないんだけどねw)

ただ、個人的にサポーターを大いに巻き込んでくれ!と思ってます。
巻き込んで、巻き込んで、共に闘おう!
うん。
悪くないと思う。
[PR]
by joehenderzone | 2017-05-22 21:41 | アルビレックス新潟 | Comments(0)