アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ガンバ戦後半を見直した(本当に怖いものは何だ?−ゴールが怖い。それ以上に勝利が怖いw)

あれ?
スタジアムで見た時の最悪の印象とは異なって、それほど(悪いわけ)でもない?
というのが後半の印象でした。

何かと話題になっているノリだけれども、対峙する初瀬が退いてからは、左サイドを押し込むようになったし(まあ、初瀬が良かったのですが)、何よりも開幕広島戦から続く神戸戦までの目も当てられない状況(これを見た各チームとしては狙い所になるのは当然だけれども)から比べれば、随分と良くなっているというのが個人的な思いです。


だから初瀬に加えて、遠藤までもがピッチから去った時にはラッキーと思ったのですが…。
ガンバとしては、ガリャルドどホニが退いた時には同様にラッキーと思われたことでしょうね。

両チーム共に、活躍していた選手とチームの要となる選手が退いたにもかかわらず、明暗を分けたのは何故なのか?何なのか?
腰が引けたアルビと、ベクトルを前に進めたガンバとね差は何だったのだろうか?
そんな点に気を留めて見直していました。

その結論は、結局よくわかってはいないけどw、ガンバの井手口が良かったですよ。
いや、もともと試合開始直後のファーストシュートを撃つなど積極的に、隙あらば前へ出てきていましたが、遠藤が退いてからはその存在感が増しました。
セットプレーのキックも蹴っていたし、2点目3点目の起点となるプレースキックも蹴っていたしね(同点にされたフリーキックの原因となった、貴章が取られたファールは疑問だけれども)。
特に逆転弾は、自らコーナーキックを蹴って、その跳ね返りに対して、コーナーからエリア内まで自分で詰めていって、セカンドボールを拾って、フェイントとドリブルでアルビの選手を交わしてのシュート。


気持ちが前を向いているガンバを象徴しているのが井手口選手だった。それが見直してわかったことかな(そんなのもう知ってるって⁉︎)

では、腰が引けて印象た新潟を象徴していたのは?
残念ながら画面からはわかりませんでした。というか頑張ってましたよ。当たり前ですが。
でもスタジアムで受けた印象は、画面のそれとは異なり不甲斐ない選手達。
相手に、敗戦に怖がっている選手達。
それを感じてしまって、とてもやるせなく、悔しかったゲームでした。

選手達がサポーターに勇気を与え。
サポーターが選手に勇気を与える。
まだまだ。
まだまだ、まだまだ。
お互いに。


チームは、監督はそんなことは重々承知で、ケアをしてくることを期待します。
必要なのはベテランの力なのか?
初瀬や井手口のように若手の力なのか?
そしてそれは小泉慶や原輝稀なのか?
ブラジル人の力なのか?
はたまたメンタルなのか?

試合はもう明日(今日か?)。
怖がらずに前を向いて進んでほしい。

そして現地へ行けずに引きこもっている私に言わしめてほしい。
嗚呼、ゴールが怖い。ゴールが怖い。
それにも増して勝利が怖い。





[PR]
by joehenderzone | 2017-04-07 23:56 | アルビレックス新潟 | Comments(0)