アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

改宗(3月18日 第4節 △1-1横浜M 【スタジアム観戦】)

ざっくりとした感想は、前半はここまで最高の新潟。後半は前節の清水戦同様な最低な新潟でした。

しかし見た目とスコアは一致せず、前半はスーパーなゴールで失点。
後半は攻められて攻められて、凌いで凌いで無失点。

横浜サポとしては、バックパス新潟詰められて失点して引き分けなんて納得いかないことこの上ないし、新潟サポとしてはいいペースで試合を進めていたけれどもあのシュートで失点かよとがっくりしたのではないでしょうか。

私は…あのゴラッソには思わず拍手してしまいました。いやいや素晴らしいゴールw
サッカーは難しいというか、面白いというか。


懸念はチアゴ ガリャルド。
先日のルヴァンカップの際は、周りとのコンビネーションが今ひとつで、やや独りよがりな感じもあり、組織として闘う(ことを目指しているだろうと思われる)アルビとしては先発で使われない理由がわかったような気がしたのでした。
しかしこの日はスタメンだったガリャルド。
ボールを巧みにキープし、時間を作り、攻撃に厚みを出す役割を果たしていたと思います。
時には、(それが良いか悪いかはわかりませんが)ボランチのポジション(もしくは、最終ライン付近)まで降りて来て、献身的にプレーしていました。
後の選手に任せるスローイングも自ら投げるなど、あらゆる場面に顔を出していました。

今は負けてしまっているけど(いや、負けてはいない)、これからが期待できる内容でもあったような気がします。
対して、横浜。
シーズンオフでなんだかんだあったものの、4人の外国籍選手がフィットして、そのコンビネーションというか信頼感がハンパなかったです。お互いを信用している、というか。


さて信じるといえば、私は平松宗他力本願寺派を自称していましたが、大谷派に改宗しました。私、というよりも我々の仲間が強力な信徒になりました。
キャッチできずに、危ういシーンもありましたが、それでも何回かあったピンチを防いでました。
何よりもピンチを凌いだ時は、テンションが上がりますし、すぐに気持ちも切り替えられますよね。
キーパーのコールが多いというのは決して良いことではありませんが、暫くは信じてすがっていかねばならないでしょうね。
[PR]
by joehenderzone | 2017-03-19 23:57 | アルビレックス新潟 | Comments(0)