アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

オーガナイズ(第1節 △1-1 広島 【録画観戦】)

仕事のため、携帯の電源をダウンして、情報を完全に遮断して録画観戦をした2017シーズン開幕戦でした。

さて、最初の試合。
守備から入ってるのが感じられて好印象でした。ここ数シーズンは守り方のルールが問題視されていましたからね。

前からプレスを掛けて、前方で奪ってからの速い攻撃。
それが嵌らなかった時や、攻め込まれた時には、陣形を整えて、時にはほぼ全員が自陣に引いてエリアを固めて凌ぐ。
文丈監督が口にするオーガナイズ(本来持っている言葉の意味とはニュアンスが異なるかもしれませんが)が形になってきているのを感じました。
この辺りは、開幕前の徳島戦の敗戦の教訓が生かされていたのではないでしょうか。

相手から見ると、引いて守りやがって。ドン引きしやがって。という風に見えるだろうなという時間も多かったような気がします。
例えると、おそらくここ数シーズン、我々が甲府や今回の対戦相手であった広島に抱いていたような印象を相手サポに与えたのではないでしょうか?

ここ数年目指した主導権を握るサッカーからは、離れてしまったかもしれませんが、チームの現在地を認識して現実的な戦術からスタートを切ったといえるのではないでしょうか。
それでも先制されて勝ち点0からの出発になりそうなところを、ビハインドから追いついて、さらにひとり少なくなった状況下、勝点1を持ち帰る意識を徹底させて、ドローで終わらせたことは上出来だったと思います。


初戦から意思が共有されていていましたが、気になったのは、監督の言うオーガナイズされる前にスペースを突かれたり、テクニックのある選手に想像外のプレーをされると、まだまだ対応が間に合っていないかな、という点です。
後半開始から広島に攻め込まれた時間帯や、失点直後に広島に細かいパスをエリア付近で繋がれた場面は危なかったですね。
これに対処するのも、さらなるオーガナイズなんだと思います。


ともあれ初戦。
これからますますブラッシュアップされていくことを期待しましょう!
[PR]
by joehenderzone | 2017-02-26 23:06 | アルビレックス新潟 | Comments(0)