アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

新潟のバンディエラ 15

クラブワールドカップ決勝。
開催国枠ではあるけれどもJリーグ代表として、もちろん鹿島を応援してました。
柴崎、昌子、大吾なんかが目立ってましたが、個人的には小笠原に一票。
序盤に少々不運な失点を喫してしまいましたが、それでも全く諦めることなくベテランキャプテンが勝ちに行く姿勢をみせていたのが印象的でした。
浦和とのチャンピオンシップ2ndレグで、早い時間に先制を許し0-2と圧倒的に不利になった状況下に似ているな、と思って見ていました。
鬼の形相で、果敢にプレスに行き、走り、ボールを奪われたら奪え返しに行く。
盛岡市生まれ、大船渡高校出身、寡黙で、闘う姿勢でチームメイトを牽引する。
多少イメージ先行もありますがw


新潟では嬉しいニュースが。
本間勲の復帰。
こちらも多くを語らずとも、背中で引っ張る男。
個人的には、昨シーズンオフに達磨監督就任の報を受けて、そして新監督が4-1-4-1を採用と知った時、アンカーとしての勲の帰還を切に望んだのですが叶いませんでした。
まあ、新潟だけの事情ではなく、栃木側の事情や降格に対する勲本人の責任感とかそういったこともあったのでしょう。
だから昇格の道が断たれた今オフも、同様に復帰がかなわないかな、と思われたのですが、今回は栃木側の事情と新潟側の要望が合致したということなのでしょう。

ともかく新潟に生まれ、新潟のチームでプロ生活をスタートして、J1に昇格し、新潟でキャプテンとなり、残留を生き残った勲は新潟そのものです。
15番を空けて待っていた理由を、アルビに関わる誰もが知っていたのではないでしょうか。


ところで、県名コードというのが存在しているのをご存知でしょうか?
正確には、全国地方公共団体コードの中の、都道府県コードというのでしょうか。
私の会社でも、全国各地の得意先を検索する際のキーとして日々利用しています。
全国各地といっても、やはり新潟県内に本拠を構えているので、自ずと県内の得意先が多いのですが、いつも新潟県を選択する時に感慨に浸るのです。

そう。
新潟県のコード番号は15。

本間勲は新潟そのものなのです。
[PR]
by joehenderzone | 2016-12-19 22:23 | アルビレックス新潟 | Comments(0)