アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ホーム3連勝(10月16日 なでしこL 第17節 ○2-0伊賀)

確かに駐車場に着いたのが13時で、信号が青になるのを待って、のんびりとWゲートの階段を上がって、シーパス提示で前売りと同価格のチケットを買ってスタンドに着いた時はキックオフから10分は経過していたけれども。
それでも時間を間違えてしまっていて40分遅れで到着してしまった先週ですら、3ゴールも見られたから期待はしていたのだけれども。
前半2分と、4分にあげたゴールで試合が決してしまうとは。
結果的に、1ゴールも目撃することなく勝ち試合を観戦してしまったよ、なホーム最終戦でした。
いや、自分が悪いのだけれども。

これでホーム3連勝。

9月25日 ○1-0千葉
① MF 八坂芽依

10月10日 ○5-1大阪高槻
① DF 中村楓
② MF 八坂芽依
③ FW 大石彩弥香
④ MF 斎藤友里
⑤ FW 川崎咲耶

10月16日 ○2-0伊賀
① MF 上尾野辺めぐみ
② FW 大石彩弥香


前節は大量得点の後に、得点を獲らせようとお膳立てをされるような場面も見受けられたものの、結局無得点であったメグではあったが、この日は早々に得点を決めた(見てないけどw)。
このホーム3戦ではキャプテンがゴールし、FWとサイドハーフという得点を獲るべき選手達がゴールを決めている。
加えて、途中出場の選手達もきっちりと結果を出しているレディース。

サイドを上手く使えているし、中、中と攻めて、サイドを駆け上がって来た選手へ叩く。
そのあたりのコンビネーションは、磨きが掛かっていてお見事。
4-4-2をベースにスタートするんだけど、メグはFWの一角でフリーな役割。
終盤にフレッシュなFWを投入するとメグは中盤でしっかりゲームをコントロールする感じ。
繋ぐ一辺倒ではなく、裏を狙って長いパスは出すし、行って来いのパスを出して足の速い選手を走らせることもある。

相手があることだし、観戦したこの3戦は比較的下位チームとの戦いだったので、一概には言えないものの、あと1戦でリーグ戦を終えるにはもったいないくらいの内容でした。
今年も皇后杯で勝ちあがってくれ、と思わずにはいられなかったホーム最終戦でした。


それにしてもメグ。
新潟の宝ですね。
このバンディエラを、アルビは全力で守らなければいけませんね。

それにしてもレディース。
可愛い選手が揃いましたね。
試合終了後のハイタッチ。
おっさんにとっては最高!
最高の中断期間のゲームでした!
[PR]
by joehenderzone | 2016-10-19 19:17 | アルビレックス新潟 | Comments(0)