アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

垣間見えた橙魂(天皇杯3回戦 ○1-0山口)

入場してから初めて見たスタメンに騒然。
GK ゴローちゃん
DF 巧くん、マグ、前野、幾笑
MF マサル、コヅ、豪、達也、武蔵
FW カリウ

DF登録4人だけど、こりゃあまた3-4-3だなと直感。
予想通り3バックではありましたが、武蔵はウイングではなく、2列目の右サイドハーフの位置。ここのところ慶が入っている位置に入ります。
印象としては、名古屋でサイドバックやってた時の貴章をみてるようでした。ドリブルで駆け上がってくる姿や、スペースに出されたボールを追いかける姿に新潟時代の貴章がダブって見えました。
懸念されたディフェンスも、普段の仕掛ける側から仕掛けられる側に移ったわけですが、間合いの取り方とかなかなかだったと思いました。
個人的には「あり」ですよ。


さてさてこの試合、印象に残ったのは山口のハイプレス。ボールホルダーに複数の選手が寄せて来る。うちのキーパーやセンターバックがボールを持つと猛ダッシュ。
マグやゴローちゃんは危ない場面もありましたよね。

ウチの弱点はプレスをかけられると慌てるところ。マイケルが戻って来たら少しは安定するのでしょうかね。

対するウチのプレスが緩い。達也やカリウは前からプレスを掛けていたもののの全体的には緩い。
相手がボールを持つとアタッキングサード付近まで運ばれる。相手の攻撃時はここから始めますというルールの下やっているかのようでした。

あとは何と言っても決定力!
前半のカリウ。武蔵。
後半の小塚、ラファ。その他もろもろ。

鹿島相手ではこんなわけにはいかないよ。
とネガティヴな面ばかりが目立った風に書き連ねましたが、コヅの長いスルーパスや、決められなかったけれども、ギュンがラファに送ったアウトサイドで出したラストパスなんかは鳥肌が立ちました。
そして前野がプレーでみせたキャプテンシー。
橙の魂が垣間見えた試合でした。


そして明日は鹿島戦。
止むを得ずスタジアムに来られないサポーターもいるでしょう。
もちろん史哉も。
そんな人達の魂も預かって、結集させて、諦めずに闘いましょう。



[PR]
by joehenderzone | 2016-09-24 23:23 | アルビレックス新潟 | Comments(0)