アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

宗はいないけど平松宗他力本願寺派(9月17日 2nd 第12節 ●1-3横浜FM)

さてどうしたもんだろう。
無茶苦茶悪いわけでもないし、もちろんがんばっていないわけでもないし。
しかし失点が酷い。
そして決定的な場面で決まらないシュート。


前半の立ち上がりからの攻勢を一変させた失点シーン。
ゴール前は3対2でアルビの数的優位。
サイドで対応している選手もいるし、エリア付近にもアルビの選手たくさん。
クロス入れられても、あとは中で弾き返すだけ。
な、はずなのに、あっさり触られトラップされて失点。

他の2失点も含めて、やはりマグと竜馬では荷が重いのか?
何故イム・ユファンをレンタルに出してしまったのか?そして本日の契約解除。
マイケルは、カズはいつ戻って来るのか?
そして間に合うのか?


2失点した後の後半。
上手く崩して小林裕紀のシュート!が決まらなかった後に再び訪れたチャンス。
レオが中盤で奪ってドリブルで運んで、スペースへ抜け出したラファへパス。
ラファは追いかけてくる相手選手と、待ち構える相手選手を交わしてシュートとキーパー正面(>_<)
これが決まんなきゃしょうがないなな感じ。


うーん。
例えば相撲。
よく横綱が引いたり叩いたりして勝つと非難されますが、負け越し目前だったり、十両陥落の危機にある場合は止むを得ずこういった手を使いますよね。
それに対して、落ちてしまっても将来のために貫くべきだという親方もいるでしょう。

正直、私は現実的にブラジル人に頼ってラファエル大作戦でも良いと思います。
達也も、成岡も、ギュンもラファのためにスペースを作ったり、囮になったりの動きをしてくれるでしょう。
ラファにマークが集中したとしたら、それに代わる選手ともなるはずです。


そんな現実路線を本番で採るかどうか。
祈るのみ。
祈るしかない。
名古屋の敗戦と共に。
[PR]
by joehenderzone | 2016-09-19 21:09 | アルビレックス新潟 | Comments(0)