アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

映像で復習してみる(見えてないんだよね、きっと)

指宿が引っ張られて倒された場面は、あの場所だから良く見えたわけですが、地上波のメインスタンドからの映像を見ると、なんかペナルティエリア内でもめてるけど、引っ張られてる感があまりないかもしれない。
主審の位置からも、同様に見えてないんだよなと思うことにした。

ところで、前節のマリノス戦。
今頃になってようやく見終わったのですがw、終了間際の失点場面に関してですが、あまり指摘してないけど(監督が指摘してたかな)、オフサイドだよね?
齋藤学が2回ボールに触って、その2回目にゴールが決まったんだけど、その1回目。


中村俊輔の蹴ったコーナーキックに対して、守田がボールを触りに行き、アルビの最終ラインとその間、間にいるマリノスの選手達とほぼ一線で並ぶ。
この時、このラインとゴールラインの間に唯一立っているのが齋藤学。
ここでボールが自分の所まで伸びてこないと判断したコルテースが、カバーするためにがら空きになったゴールマウス方向へ走りかける。
この直後、ボールが中澤の頭に当たるが、コルテースはまだ齋藤学を越えていない。
齋藤学は明らかにオフサイドポジション。

ボールがゴールに向かう、というかすらした感じで齋藤学の前に。この間にコルテースは齋藤学を抜きゴールライン上へ。
齋藤学が触った時点では当然オンサイド。
中澤ヘッドからのボールを齋藤学が再び頭で合わせてゴールへ向かったボールは、ライン上のコルテースの右足に当たり、かろうじて失点を逃れるものの、跳ね返したボールは再度齋藤学の元に転がり戻りシュート。
顔面に迫ってきたボールをセーブしようとするも、守田のその手を弾いてゴールマウスへ。

とここまで、物凄く素晴らしい動体視力をもってして判断したわけでなく、当然スローもスロー。コマ送りで確認してのもの。

やっぱり、あのごちゃごちゃした中では見えてないんだよね、きっと。とようやく諦めがついた次第であります。


さあ、切り替えて。
明日はもうナビスコです。

さあ、切り替えろオレ。
[PR]
by joehenderzone | 2016-03-22 22:32 | アルビレックス新潟 | Comments(0)