アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最大の山場

9月決算につき、私、この1週間は帰宅時間がほぼ日を跨ぐか跨がないかの毎日です。
今シーズン最大の山場です。

今シーズン最大の山場といえば、もう明日、いや今日かな?に迫った甲府戦です。
今週はもう何度も目にしたことでしょうが、おさらいです。
目の前にいる甲府との勝点差は3。
そして、一つ下には勝点5の差で松本が迫り来ています。

勝てば甲府に追いついて、松本を振り切るチャンスです。
一方、負ければ甲府に引き離され、松本に迫られ、またまた過酷な残留争いの渦に飲み込まれます。
そして、次節はその松本との対戦となるわけですから、この一戦は負けるわけにはいきません。

松本は松本で、明日の試合は残留争いの渦中の清水との対戦ですから、我々と同様に次節のためにも負けられない戦いを強いられることとなります。
そういう意味でも、明日は今季最大の山場(下のチームw)と言っても過言ではありません。

加えて、この日の試合の結果は大事なタイトルを左右する大事な一戦であることをお忘れではありませんか?
そう。2015中部日本横断シリーズなんですよ!
現在のところ首位は松本で、3勝1敗勝点9。
2位は甲府で、2勝2敗勝点6。
3位が新潟で、1勝1敗2分の勝点5。
最下位はここでも清水で、2敗2分で勝点は2です。
まだまだ、新潟はタイトルの可能性がありますよ!

というか、もはやどうでも良いこのシリーズ。
ここを勝ち抜くことは、J1に勝ち残ることとなってしまいましたねw
4チームが共に上位であったら、さぞや盛り上がる話題になっていたでしょうね。
「2015」とタイトルについていますから、来年以降も継続する予定だったんでしょうね(シーズン当初はw)


いずれにせよ中部日本横断シリーズ最大の山場。
もとい。残留争い最大の山場。
えのきどさん的に言えば、大山のぶよ。
東京オリンピック追加種目候補に残った空手でいえば、大山倍達。
古典落語でいえば大山詣りですよ。

ここまで山場、山場と煽っておいて試合会場を気に掛けてみると、明日の我々の試合は甲府で行われますが、一方の松本VS清水戦はアルウインで行われるんですよね。
つまり、試合開始時間こそ異なるものの、最大の山場の試合がわずか100kmしか離れていない場所で行われるのですよ。
片や南アルプスを臨む小瀬で。
他方は北アルプスを望むアルウインで。
まさに、山場なわけですね。



この過酷な山場の争いに、加えなければならないチームがありますよね。
むしろ隣県だから、我々のシリーズに加えてあげたい。
ああ、もうチーム名に山が付いていますね。
地名に山が付いているから、もう仲間ということで。


とにもかくにも、山場の一戦に加勢するために、山を越えて、山の名が付く地へと向かいます!
[PR]
by joehenderzone | 2015-10-03 00:20 | アルビレックス新潟 | Comments(0)