アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

策士 策に…

土曜日は長岡のごろえんさんで観戦。喜び過ぎて飲み過ぎました。
日曜日は日曜日で松本と山形の結果を知って飲み過ぎました。
月曜日は月曜日でうだうだしてまして今日ですw
連休万歳です。


さて神戸戦の先発。
GK 守田
右SB マイケル
左SB 前野
CB 健太郎 林
ボランチ 優平 端山
サイドハーフ 康裕 平松
FW 指宿 ラファエル

林が即先発です。
ボランチには端山。
サイドハーフには、山崎や達也でもなく、ましてや成岡でもなく平松。
FWはいつものコンビを解消して、指宿とラファ。
やはり予想の斜め上をいくスタメンでしたw


試合は前半の序盤は神戸がモウ攻撃。
神戸の選手全員が汗かいて、走っているという印象です。


それでも時たま、アルビはそれほど労せずにボールを奪うことができて、ラファエルが抜け出してシュートだとか、何度かチャンスが訪れてました。


汗をかいてる相手と、涼しい顔でプレーしている新潟の選手。いつもと反対な感じがした序盤でした。



その序盤に早くも策士ネルシーニョが動きます。
前半の半ばでFW一人を下げてCB北本を投入。4-3-3から3-4-3へ。
これによってアルビは最大のピンチを迎えます。
そうあの場面です。
前野がゴールマウス内からライン上のボールを、超スーパースライディングクリアによって事なきを得ました。


一方ウチの策士が先発で起用した林ですが、ディフェンスラインに落ち着きを与えてましたね。
いつものバタバタ感がなく、危なかったのは前述のシーンだけだったような気がします。
それだけに負傷交代は、この試合だけでなく、今後にとっても痛恨の交代でしたね。


ところが、神戸も渡辺千真が負傷交代。
これで前半に二つの交代枠を使ってしまいます。

それにも関わらずネルシーニョは後半15分に3枚目のカードを切ります。
神戸は前半の終わりにディフェンダーのブエノがイエローカードをもらっていたので、しめしめとほくそ笑んだのですが、直後に失点してしまいました。
と言ってもこのゴールは交代の選手ではなく、森岡のシュートがスーパーでしたね。


対してヤンツーが動きます。
ラファエルに代えて山崎ぎゅん。
ラファエルの方が得点の匂いがするんだけどなぁ。
やっぱり指宿使い続けるのかぁぁ。
なんて叫んでいたんですが、こう言って文句言ってると決めるんだよなぁイブスキ。
なんて言ってたら、やっぱり決めました。
そして逆転ゴールは山崎と康裕のワンツーだったわけで、結果的にはヤンツーの策ズバリとなりました。


とは言え、神戸の3人目の交代で入った増山が抜け出して、3対2となった場面では失点を覚悟しましたし、これが決まっていたら、ネルシーニョ流石となっていたかもしれません。


個人的には仮想ナビスコ決勝戦wと思っていたこともあって、両監督の采配に注目していましたが、この試合に限っては采配云々よりも、選手個々の必死さや懸命さでアルビに分があったように思えます。


特に同点に追いついてから、ホームで勝利の欲しいはずの神戸の方が引いて守ってカウンターみたいな状況になっていました。
それだけ新潟の方が、高い位置からのプレスや球際の激しさで圧倒的に優っていたのだと思います。


負けてはいけない気持ち。
この勝利の大きな意味を、次のホーム川崎戦でもピッチ上で表現して欲しいですね。
[PR]
by joehenderzone | 2015-09-22 17:10 | アルビレックス新潟 | Comments(0)