アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

決定!俺達の最終節

本題の前にまず、クラマー氏がお亡くなりになりました。
クラマーさんの日本サッカーへの指導と活動は、私が生まれる以前のことであります。
よって当然見聞きしたものばかりですが、Jリーグ創設時の数あるサッカー雑誌や、アルビが昇格してから読み漁った活字の中で、氏の名前が出て来なかったものは無かったと言っても過言ではありません。
まさに偉大なる日本サッカーの父でありました。
お悔やみ申し上げます。


さて昨日のACL準々決勝の結果を持って、我々アルビレックスの最終節の日程が確定しましたね。
予定通り11月22日(日)13:30キックオフ。
やはり、柏が決勝に進んだ場合に、最終節は前倒しされるということでした。


最終戦が流動的であることで、恐れおののいておりましたのでこれで安心。
残留に向けて腰を据えて臨むことができますね。

何しろ、柏との17節が11月上旬になった場合、11月22日はどのように過ごせばよいのかサポ仲間の間ではちょっとした話題でした。

やっぱり、他会場の様子をテレビの前で指をくわえて眺めているんだろうか?
そして画面の向こうから降格を告げられるんだろうかw
やっぱり、パブリックビューイングとかやるよね?
などなど。


でも一番壮絶だったのは、「何言ってんの!? 残留争い対象チームの試合会場に行って、相手のゴール裏に潜入して必死に応援するしかないじゃん!」というご意見。
ごもっともです。
でも、それを回避できてよかったです。
(本当の回避は、降格を回避することなのだがw)


その一方で、そんな事態に陥りそうなのが、ガンバが劇的な勝利によって勝ち進んだことによって、最終節がまだ流動的な山形。
ガンバがACL決勝に進んだ場合は、11月3日(火)に最終節のガンバ戦。
そして中3日の11月7日(土)に16節で日程を終了することとなります。
しかも清水戦だしw



と、よそのチームを心配している余裕はさらさらないのですが、このガンバの勝利によって、ナビスコカップの日程が有利になったことに、密かにほくそ笑んでもいるわけです。

まずは新潟の日程
9月26日(土)H 川崎
10月3日(土)A 甲府
10月7日(水)H ナビスコ1st ガンバ
10月11日(日)A ナビスコ2nd ガンバ

対するガンバの日程
9月26日(土)H 柏
9月30日(水)A ACL1st 広州恒大
10月4日(日)A 川崎
10月7日(水)A ナビスコ1st 新潟
10月11日(日)H ナビスコ2nd 新潟

ご覧のように、ガンバは川崎→広州(中国)と移動し、アウェイ連戦の最後にビッグスワンにやってきます。
加えて、10月8日(木)Wカップ予選 と10月13日(月)親善試合と代表選が続きます。
ガンバからは多くの選手が選ばれることですし、会場もシリアからイランですので、もちろん戻って来ることは不可能です。


確かに目の前の対戦だけに視線を向けると次節(明日ですねw)、出られない選手が多く不安も募ります。
しかし過密日程が続く中でもちょっとした運は我々に味方している。
そんな気もしたウィークデイでした。
[PR]
by joehenderzone | 2015-09-18 19:36 | アルビレックス新潟 | Comments(0)