アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

雲洞庵の土 踏んだか 関興寺の味噌 嘗めたか 清水のピーター ウタカ

タイトルに別段意味はないのですが、もしかして来シーズンはこのネタ使えないかな、なんて思ったりしたものでw
それにしても、この3つを並べると清水が「しみず」ではなく、「きよみず」に見えてくるから不思議なものですね。
(いやいや、見えてこない)


さてお盆休み連戦の清水戦。
この日は久しぶりに新潟は古町にて、長年スタジアムでご一緒しているサポ仲間親子と観戦。


序盤から一進一退。やや清水押し気味。
アルビはエリア付近までボールを運べるもののここまでシュートは0本。

そんな中、最初のコーナーキックを得た時に、「これ、ファーストシュートがゴールだな」と私は予言。
「いつも守備に残って参加していないコルテースが、エリアの中にいる」と少年。

反対サイドからの蹴り直しはあったものの、マサルのキックは指宿の前でジャンプしたコルテースが潰れたことで、見事指宿の後頭部を掠ってゴールマウスへ!
ほらね。
言ったでしょ。
ふたりともしたり顔。
これでこのまま勝っていたら文句なしだったんだけれども、結果はご存じの通りのドロー。


ちなみに清水サポのサイトを覗いてみると。
今季セットプレーから何回やられているんだよ!
これでセットプレーからの失点は19点目。
いいかげんセットプレーの練習をして欲しい。
とここは新潟のサイトかと見紛うばかりのコメントがズラリ。

セットプレーからの失点が多い(両チームとも)。
決定機に決められない(両チームとも)。
云々。
ぶーぶー(両チームとも)
そりゃあ、ドローが妥当な結果ですかね。
むしろ、追いかける清水としては勝点3は必須であって、攻めながらも1しか取れなかったことはホームでの試合ということもあいまって、アルビよりも痛手が大きかったように思えました。

いずれにせよ、目くしぃ鼻くしぃ。
目くさす鼻くさす。
残留争いをしているのが、よおく理解できる1戦でした。


ところで田坂監督に交代した清水。
先のエスパルスサイトによると、まずは守備の再構築から取り組んでいるという。
片やとにかく相手より点を取れば良しの新潟。

あぁ、考えるだけで怖い怖い。
雲洞庵の石畳を歩いて行くピーターウタカを想像すると。
あぁ、考えるだけで怖い怖い。
関興寺の味噌を嘗めているピーターウタカを思い浮かべると。

あぁ、考えるだけで怖い怖い。
残り10試合でこの差がどうなっているのか?を考えると。
結果がどうなっているのか?を思い浮かべると。
[PR]
by joehenderzone | 2015-08-20 07:00 | アルビレックス新潟 | Comments(0)