アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

さすが(正式名称は)新潟県民エフエム

アウェイゲームも含め、年に何回か中継を行ってくれているFM PORTさん。
今シーズンから、ホームゲーム全てを実況生中継していただけるそうです。


明日の試合の実況は、激励会で2年連続で司会進行され、県内各地で行われるアルビレックス新潟の選手参加のトークショーでも司会を務められている立石勇生さん。
解説は、俺らと共に闘うウッチー、内田潤。


立石さんは、ご自身でも「佐渡ときマラソン」や、「佐渡ロングライド」にも参加されているほどのスポーツフリーク。
バスケBBも実況担当していますが、とにかく現場に自ら足を運んで、取材し、選手の声を伝えてくれています。
毎週土曜日午前9時からのアルビフリーク(バスケは8時台)は、キャンプ情報、移籍情報、選手のインタヴューも含めて、一番の情報源だと思っています。




さて明日のホーム開幕戦。
雪がちらつきそうだし、寒そうだし、ラジオ中継もあるし、地上波テレビ放映もあるし、現地観戦はやめようかなんて思ってる皆さん。
確かに昨日の聖籠は雪で覆われ、当初予定していたフルコートでの紅白戦を行えなかったほど、新潟は厳しい天候です。
結果、雪を除けてハーフコートでの公開練習に変更になったようです(アルビフリークのFacebookより)。



しかしながら、試合に向けての練習が行えたのも、スタッフはもちろんユースの選手達が必死に除雪してくれたおかげだと聞いています。
ホーム開幕戦に向けて、昨年の最終節が開催できなかったことも相まって、選手もスタッフも一丸になって頑張っています。
我々スタジアムに足を運んでサポーターも力を与えましょう!





【追記】
ちなみに試合を観戦しながら、ラジオ中継を耳にするというのは我々ゴール裏の住人にとっては難しいかもしれませんが、メインやバックスタンドでじっくり観戦される方は、ウッチーの解説付きで試合を俯瞰するというのも良いのではないでしょうか。
なおスマホやPCから聞くことのできる radiko(ラジコ)だとタイムラグが生じるため、スタジアムで聞く場合はアナログでお聞き下さいとのこと。

そうしないとシュートを放った数秒後にボールがゴールマウスに吸い込まれているのに、「武蔵の強烈なシューーーート!」なんてことになるようです。
[PR]
by joehenderzone | 2015-03-13 17:55 | アルビレックス新潟 | Comments(0)