アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

祝!北陸新幹線開通 その②(Sキップ終了)

相変わらず吹雪いています。長岡は。
新幹線が一番確実な交通手段。こんな悪天候の時はよくそんな言葉を聞きます。
そんな新幹線も4年前のあの日は止まっていました。
大混雑の新潟駅まで嫁を迎えに行ったあの日、長岡行きの高速バスには長蛇の列ができていました。


そんな上越新幹線。北陸新幹線の開業によって減便が危惧されましたが、3月14日にのダイヤ改正では、その本数はほどんど変わらることなく、まずはひと安心しました。
ところが現状のダイヤが維持されるかどうかは利用状況に依るところにもかかわらず、心配なことがあります。
それは、ドル箱(と思っているのは私だけかもしれませんが)である新潟-長岡間のSきっぷが、3月13日をもって廃止されることです。


新潟-長岡間のSきっぷ現在値段は往復3,000円。
これに替わって発売されるWきっぷの価格は4,200円。
片道600円、往復で実に1,200円もの値上げとなります。


これは痛いです。
ホーム開幕のこの土曜日からダイヤ改正ですので、長岡から試合観戦する際に新幹線を使うと、リーグ戦だけで年間17×1,200なので20,400円。
約10試合試合観戦できます。およそ2口分後援会費を支払えます。

これに応じる策として、Sきっぷ回数券の購入をお勧めします。
通常、発券機でSきっぷを購入すると有効期間は2日間ですが、4枚で1セット(2往復分)のSきっぷ回数券は3ヶ月後まで有効です。
ですから終売日の3月13日に購入すると6月12日まで利用することができます。

試合日程でアルビのホームゲームを確認すると、リーグ戦は6月7日(日)の名古屋戦までの7試合、ファーストステージはホーム全試合が範囲内です。
ナビスコカップは土曜日1試合、水曜日2試合となので、合計10試合分が有効期限内となります。
つまり、差額は12,000円。
およそ6試合分。後援会費1口分です。


そもそも新潟長岡間の正規の値段は2,980円であるので、Sきっぷ自体がほぼ半額に値するお得な切符であったことは事実ではあるのだけれども、片道2,100円という金額は、新幹線を利用しない場合の片道1,140円や高速バスを利用した場合の片道980円と比べるとあまりにも高すぎます。
まさに時間をお金で買うこととなるのでしょうね。

試合後は祝杯をあげて帰りたいので、車で行くことはなるべく控えたいし、どうせ酔っぱらって夢見心地で長岡まで帰るのだから在来線で帰宅することも問題ないのですが、その一方で長岡まで関東のサポ仲間と一緒の新幹線で帰りたいという気持ちも捨てがたいのです。
セカンドステージはどうしようかと今から頭を悩ませています。


北陸新幹線開通と、ホーム開幕の浮かれ気分を前にして、私の財布はちょっと吹雪いています。
[PR]
by joehenderzone | 2015-03-12 13:01 | 新潟あれこれ | Comments(0)