アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ピッチ上での修正

鳥栖は、FW豊田と、GK林を慰留して今季(というか、ファーストステージ)に賭ける意気込みは強いはずだから生半可な気持ちではやられてしまうぞ、と思っていたらやられちゃいましたね。それも結構な完敗で。



試合開始直後に見られた連動したプレス。
人数を掛けて囲みこんでボールを奪うことが、時間の経過と共にできなくなってしまいましたね。
これは相手が早めにロングボールを蹴って、前線の選手を走らせていたことと無関係ではないと思いますが。

それと両サイドからの攻撃が迫力なかったですよね。
特に左サイド。
コルテースは、大きく駆け上がっての攻撃をやや自重していたようにも感じられましたが、それにもかかわらず背後を狙われていましたよね。

また新潟のパスは、出し手はスペースを狙うのではなく味方の選手がいるところへのパス、受け手の選手もスペースへ走りこむのではなくボールを待つ感じで、なんだか攻撃が各駅停車な感じでしたよね。

水を撒かれていてボールが走らなかった。
というのが原因のひとつらしいですが、試合前にアップをしている時、もしくは試合中に修正をして欲しいものです。


ピッチ上で修正でき、まとめる選手がいると良いのでしょうが、そういう時の頼りとなる成岡は交替出場ならず。マイケルの負傷で交替カードを1枚切ってしまったのが悔やまれます。


マイケルの替わりにピッチに入ったカズが与えたPKによって同点にされてしまったのですが、カズを責めるわけにはいきません。
そもそもカズがエリア内で豊田を後から追いかける形になってしまったことが問題です。
カズが追いかけなければ、至近距離で守田との1対1。
どのみち失点は避けれない状況でした。
PKならば、止める可能性、もしくは外す可能性もありましたからね。


開幕戦で初先発だった平松宗も頑張っていたと思います。
達也のシュートがミートせずに、GK正面へ転がってしまったシーン。
宗が持ち込み、グラウンダーのクロスに対して、アルビの選手が何人かゴール前に詰め寄ったあの場面は、この試合で最も迫力があり、痺れる場面でした(もちろん新潟視点でねw)
達也はあれは決めなければなりませんね。

いずれにせよ、ラファエルがポストを叩いた2本目のシュートと前述の達也のシュートが決まっていれば結果は変わっていたかもしれませんよね。


で、実はこの2本の惜しいシュートの後にマイケルが負傷交替したわけで、マイケルの突然の交替で流れが変わってしまった感がありますが、それに対してもピッチ中で修正するしかないんでしょうね。
なにしろ、柳下監督は今シーズン、ピッチ上で選手が修正することも求めています。


そういう意味でも、この試合は負けてやむなし、の試合だったのかもしれません。


シーズンはまだまだ始まったばかり・・・と言って入られないのが2ステージ制に戻った今シーズン。
次の試合までの修正はもちろんのこと、試合中の修正ができるか否か。
ピッチ上で修正すること。
それがタイトル獲得には絶対必要なのだ、と胸に刻んだ2015年開幕戦でした。
[PR]
by joehenderzone | 2015-03-08 18:45 | アルビレックス新潟 | Comments(0)