アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

似て非なるもの コンプロミソとハッチョウミソ

債務整理、過払い金のご相談は、0120-サイム-ナシニ

かぐや姫風の女性が出てきたり、芸人ナイツが出てきたりと、パターンは異なるもののお目にかからない日は無いのではないかというくらいCMをバンバン流している アディーレ法律事務所。
我が家では、そんなアディーレとアギーレが今のところ混同していますがw きっと4年後の春には耳にしない日は無くなるのであろうアギーレジャパン。昨日、そのアギーレ氏が来日し、日本代表監督としての職務をスタートさせました。

懸念された通り、ドイツ大会後と同様、ブラジルワールドカップグループリーグ敗退の検証や総括もちょちょらなまま、次の4年間が始まってしまった感じは否めません。

そもそも南アフリカ大会終了後に声を掛け、4年越しで実現したようですが、サッカーも戦術も日々進化している中で、4年前の思いそのままでに大丈夫かいな?と心配になるところも無くはないのですが。
何しろ4-3-3がベースと語るアギーレです。そう言えば4年前は4-3-3全盛だったもんね・・・なんて。
バルサ、チェルシー、オランダ。そして日本のどこかのクラブですらw

ま、早いところ唾をつけておかないと優秀な監督は他のナショナルチームや、クラブに取られてしまうので致し方ないという事情もあるのでしょうが、監督も進化していることでしょうし、日本代表のために全力を尽くしてもらいたいものです。




目指すところは「全員が守れて攻められるチーム」とのこと。
ふーん。
去年のどこぞのチームはそんなチームだったんだけどね。
今年はw

なんでもチームづくりのキーワードには、責任や義務・約束を意味するスペイン語の「Compromiso(コンプロミソ)」、諦めず競い合う姿勢を表すそれの「Competitivo(コンペティティーボ)」、献身的に深く関わるという意味「Comprometido(コンプロメティード)」の3Cを掲げ、チームのためにハードワークを厭わない姿勢を求めているそうです。
ふーん。
これも昨シーズンのどこぞのクラブでは当たり前だったんだけどね。
今や、ちゃぶ台・ちょちょら・ちょろキックの3C・・・。


そもそもブラジル大会前の日本代表も、全員で守って、全員で攻めるチームだったんじゃなかったっけ?
大会前までにはハードワークでボールを奪って、波状攻撃を仕掛ける。そんなシーンも垣間見られましたよね。
でも、なんかいつの間にか、ボール保持することが攻撃することにすり替わっていったような気がするんだけど。
日本代表も、そしてどこぞのチームもw



もう、何が何だかわからなくなってきた今日この頃。
守って攻めてハードワークを厭わない象徴だったゲームキャプテンが昨年限りでチームを去り、そして本日守って攻めれるストライカーもクラブを離れることが決まりましたね。

誰だお前?とすごまれたDFと、こんどは仲良くチームメイトですか。
複数年契約を断ったのにもかかわらず、複数年契約を結ぶようですね。
もう、何が何だかわからなくなってしまいましたよ。




そんなところに我らがバンデーラ。
本間勲レンタル移籍の発表。
心も折れそう。
そして頭の中は移籍の文字だらけ。

こんなトラブルも相談に乗ってくれるのかな?
アディーレ。
こんなお悩みも解決してくれるのかな!?
アギーレ。
[PR]
by joehenderzone | 2014-08-12 17:56 | アルビレックス新潟 | Comments(0)