アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

負け試合でも貫くもの

残り3戦のうち、2戦に勝利すれば突破が見えてくるナビスコカップ3連戦。この日の新潟日報予想スタメンは、守田・マツケン・健太郎・マイケル・カズ・レオ・小泉慶・アトム・ヒデ・ケンゴ・達也。

お、これは初戦から勝ちに行くんだな、と思いきや仕事帰りにモバアルでスタメン確認をしてびっくり。

守田・マツケン・初スタメンのソンジュフン・カズ・レオ・ボランチにマイケル・小泉慶・アトム・ムサシ・ヒデ。

これは浦和戦に照準を合わせたのか?と思われるメンツ。
しかしながら考えるに、慶はニューヒーロー賞候補にあげられているし、ムサシはナビスコカップ目下得点王ではないか。そしてなによりこれは開幕前に試していた布陣ではないかと思い、不安よりも期待が先行して画面に対峙したのでありました。


そして結果はご存知の通り。
柏の強力3トップに対して、急造の守備陣では厳しかったかなというところですが、単純に柏のサッカーはシンプルかつ上手かったと思います。相手に対してこう感じたのは今季は鹿島と、この日の柏です。前回のリーグ戦の対戦時は惜しい試合でしたが、あの時の柏は故障者続出でしたから、これが本当の実力なのででしょう。それだけに、返す返すも前回のリーグ戦で勝てなかったことが悔やまれます。


一方のアルビですが、開幕当初はピッチに立っていなかった控のマサルや慶、ケガをしていた小林裕紀なんかが途中から試合に出てもフィットしていたように、底上げができていると感じていたのですが、どうやらそうでもなかったようです(汗)カップ戦や、リーグ戦後半を勝ち抜くためには控の選手のレベルアップの必要性を痛切に感じました。


ところで土曜日に対戦する浦和も、3バックの布陣を敷いてきます。甲府とか大宮みたいに実質5バックのような3バックではありません。攻撃陣のみならず、2人目3人目の選手が動き回って捉えにくいのはレイソル同様。今回の反省を踏まえて、短期間でどのように修正できるでしょうかね。

加えて同じ相手に2連敗を喫してしまったマイチーム。レイソルとの次の対戦は、リーグ最終節ですね。順当ならば天皇杯でも顔を合わせそうですが、浦和・柏のようなチームをどう攻略するか?
それがタイトル争いができるかどうか?の答えにもなるような気がします。


どう攻略するか?素人の私にとって、解決策などわかるはずはないのですが、敗戦の中でも見えたポジティブな点は、負けていても、負けが決まっていても自分達のサッカーを貫けていた点です。
良い意味でも、悪い意味でもw

ロングボールでの放り込みに頼らず、スーパーな選手(そんな選手はいないw レオか?)に頼らず、繋いで、ゴール前に迫る、または狭い局面をこじ開けようと試みる。
確かに得失点差もあるから、1点でも早く取り返したいし、スタイルにこだわっている場合ではない、という意見が多勢なのはごもっとも。しかし誰が出ても(同じレベルを求めるのは厳しいけれども)、ハイプレス、ハードワークをして全員が動いてゴールに迫る。ここを貫く姿勢。私は買いましたよ。



そんなこんなで、大宮参戦が決まりましたw
もちろん浦和戦に勝つ!ってのが大前提ですが。
[PR]
by joehenderzone | 2014-05-22 18:26 | アルビレックス新潟 | Comments(0)