アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

上から目線(4月29日 第10節 △1-1神戸)

とある事情により今回はN2層目からの観戦。アルビの試合に限ると、N2層目から観戦するのは実に10年ぶり。その時もゴールデンウィークだったなあ、確かヴェルディ戦だったよなぁ、と記録を紐解くと2004年5月2日第7節のことでした。ヴェルディのメンバーには慶行さん!三浦アツ、林健太郎。平本なんかはいまだに現役だし。交代で入ったのが、エムボマ!そしてもうデビューしていたのか森本!と隔世の感を禁じえなかったです。

ちなみに昇格1年目のその試合、観客は41,156人!この日は25,000人程度でしたから、キックオフ1時間前に入場したものの2層目の最前列は余裕で確保できました。

それにしても2層目からはよく見える見える。神戸の攻撃がw
新潟は攻撃の形、というかパターンがないというか、アドリブに頼っているというか。ボールは運べるんだけれども、アタッキングサードって言うの?ペナルティエリアが目に入るあたりでノッキングを起こしている感じ。
対して神戸は攻撃が確立されていて、ちょっと長めのボールを放り込んでFWを走らせて、追いついた彼らがサイドにはたいて、サイドの選手は2列目から飛び出してきた選手と、ボールをはたいた後に動き直したFWの選手を目掛けてクロスを上げる。みたいな。

そのクロスに対して健太郎を中心に、最後の一歩のところでアルビ守備陣が防ぐ。上からだと本当にボール1個分のところで体を張っているのが良く見えました。
ただ残念だったのは、せっかく跳ね返してもそのボールが短かったり、あるいは奪い返した後のパスが意図する距離を転がって行かなかったりで、ナイスセーブ!の後に、良い攻撃に繋がらなかったことでしょうか。
余談ですが、失点に繋がったレオのパスミスも予想よりも短かかった感じで、この日のピッチコンディションを掴みきれていなかったような気がしましたけど・・・。ホームなんだからそんなことはないですよね。気のせいですよね。

そんなこんなで、辛抱強く跳ね返していると、形があるその分、神戸の攻撃は実は単調だったりするので、時間が経つにつれ、これは何とかなるなという雰囲気になってきます。
時間とともに拾えなかったセカンドボールが拾えるようになってきて、神戸の攻撃もゴールポストが何とか凌いでw、散発的になった頃、30分過ぎかな。こりゃあ、先制点さえ入れば勝てるなという感じになってきたんですよね。だから監督が言うほど、前半のアルビも悪くはなかったと思います。


そして後半。最初から小林裕紀投入で、カズ、マイケルのポジションチェンジなど、攻撃が活性化された要因はいくつかあったでしょうが、私は成岡の奮闘をその第一にあげます。FWのポジションに入っても、いや入ったからこそなんでしょうが縦横無尽にピッチ上を動き回り、顔を出します。達也のように必死になってがむしゃらに前線からボールを追う姿をみると、もう何年もアルビにいる選手のようでした。ちょうど小林裕紀が昨年の成岡のようで、どちらかというとクールに淡々とボールを捌いている印象を受けましたが、その彼に対して新潟のサッカーはこういうサッカーなんだよという姿を見せているようでした。それだけにあのヘディングシュートは入って欲しかったですね。あれが決まっていれば勝てていましたよね。きっと。


ところが、神戸が先制して、また息を吹き返して、残り時間を巧みに使われて(ボールを持たされている感じ)、最後の最後には選手交代でも時間を使われて、万事休すというところでの得点!
信じていた思いが結実したようでした。


あの得点シーンは良くわからなかったんだけど、よーくわかったんですよ。

というのは、微妙な場面、ボール少しでもラインにかかっていればノーゴール。完全に越えていればゴール。こんな時よく泣きを見てきたアルビですが、ゴールマウスのちょうど上から見える位置にいたので、ボールが完全に越えたのが見えたんですよね。

これを時系列で追うと、ジンスのクロスがゴールに向かってきたんだけど、新潟の選手がそれに触れたか触れないかで、相手GKはキャッチしてないみたいで、スルーしたのか?
どうなんだよ?
ケンゴのところにボールがある!
撃て!!! ケンゴ---!
あれ?ミートせず。
あれ?やっちまったのか?
おい!
でもボールはマウスの中に入ったよな?
神戸の選手が掻き出したぞ!?
ボール外に出たよ!?
ノーゴールか!?
何?
何が起きた?
オフサイド?
ファール!?
いや入ったよ!入ってたよ-!と大絶叫。
線審を見て、主審がセンターサークルを指したのを確認してハイタッチしたのでした。



神戸強かったね。完成されてたよ。
でもアルビだってノビシロあるよ。まだまだこのチームは行けるよ。
ケンゴ、すかっ!だったけど、FWはその時にあの場所にいるのが大事!よくやった!グッジョブ!
以上、上から目線の神戸戦でした。
これから録画を見直します。
[PR]
by joehenderzone | 2014-04-30 18:25 | アルビレックス新潟 | Comments(0)