アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

笛吹いて踊った

笛吹けど阿波踊り踊らずなんてタイトルを考えていたけど杞憂。
柳下監督の吹く笛に、選手達はきっちり応えてくれた一戦だったと思います。


どん引きされたナビスコ甲府戦では崩しあぐね、同じく引いて守られた広島戦では逆鱗に触れ、引いた相手に対していかに得点するかという課題を突きつけられていたアルビ。

そして今回の相手は目下最下位の徳島。勝点が欲しいとはいっても、やはりまずは守りから入ってきた相手に対して、ようやくその解答を出せたような気がします。ハイプレスで前線からボールを刈り取って、ワンタッチでボールを繋いで、より可能性のある選手へ回して相手の守備網を突破していく。1点目のゴールはここ数戦で目指していた形が結実したのではないでしょうか。今季イチのゴールだったと思います。


この試合、点差以上の収穫といえば、これまでにないパターンで選手を試せたこともあげられます。初出場となった小塚、小林裕紀はもちろんなのですが、慶を先発で使って、アトムが交代で出場するというのも好材料でした。相手にとって脅威になる交代選手が居ることはもちろんですが、チームにとっても、いつでもオレが代わりに出れるぞ!という選手が控えにいれば、スタメンの選手も気を抜いたプレーができませんしね。なによりもこの過密日程を乗り切るには心強い材料となりました。


思い描いていた展開になったのではないでしょうかね。監督にとってはw



さて、監督といえば徳島の小林監督のコメント。敗者の弁としては異例の長さで試合を語っていますので一読あれ。

この試合は始めて、ブラジル人選手を二人同時にスタメンで使ってきた試合でした。たしかに開幕からブラジル人頼みにすればもう少し勝点を積み上げられたかもしれませんが、彼らを全面的に頼るのではなく着実にチーム作りをしている印象です。最後の最後で残留してれば良いような含みを持たせている発言には、2年前のヤンツーを思い出しますね。

個人的には今シーズン、小林監督を買って徳島を残留予想したんです。
そして今年徳島に行けなかったから、ぜひ来年行きたいんだよ。
お願いします。



末筆ですが、明日の天気。
全国版の天気予報では、傘マークも出ていましたが、ピンポイント予報では夜まで雨は降らない感じです。

サッポロビールサンクスデー。試合前に一杯。祝勝会でまた一杯。
風味爽快ニシテを爽快に飲み干しましょう!
と笛を吹いてみる。
[PR]
by joehenderzone | 2014-04-28 17:54 | アルビレックス新潟 | Comments(0)