アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ギラギラしてた

おっさん、おしぼりで顔拭くなよ!
なんて思っていたウン十年前。

仕事帰りになんとか間に合いましたナビスコカップ。もちろんおしぼり大好き!




さて第一節。何が素晴らしかったかというと、控えの選手主体であったにも関わらず、主力(と一応表現します。この差をなくすことが監督の狙いでしょうが、)同じサッカーができたことではないでしょうか。

その中で自分をアピールしようと懸命にプレーする選手達。にもかかわらず、エゴに走りすぎることなくフォアザチームを貫いていた選手達。

ムサシのスピード、カズのクロス、マサルのセンス。萌え萌えでしたね。



中でも一番の場面は、相手に囲まれたわ小泉からのスルーパスをダイレクトに撃ったヒデのシュート!惜しくもバーを叩いてしまいましたが、鳥肌が立ちましたね。美しくて。

美しいゴールは3点目。マサルの柔らかいパスからアトムのダイレクトボレー。
ご馳走様でした。



徳島が相手であったり、楽しすぎて飲み過ぎてしまったことを割引いたとしても、この水曜日の夜は、アルビ史上に記憶に残るギラギラしたものでありました。



鳴門の居酒屋で、顔を拭いたおしぼりの向こうから、ヤンツーがにやけ顔で現れる姿が見える…気がします。


若手のギラつきを、取捨選択している監督の姿が。
[PR]
by joehenderzone | 2014-03-20 00:29 | アルビレックス新潟 | Comments(0)