アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フィオーリへの感謝

新宿の片隅にあるサッカーバー(スポーツバー)フィオーリでの思い出は尽きません。
という話の続き。


ゲームでは、アジアカップの優勝や、チャンピオンズリーグ決勝でリバプールがミランを大逆転した試合、ドイツW杯出場を決めた無観客試合の観戦などでしょうか。

他サポとの出会いや、他サポとのフットサル、仲間同士の結婚など色々ありました。あり過ぎましたw



しかし最も印象に残ってるのは、10月の出来事ではないでしょうか。
この日は、翌日曜日に放送される磐田戦の観戦予約と、同時にサポ仲間の誕生日を祝うためにフィオーリを訪れる予定でした。

予定が狂ったのは、夕刻に起きた激しい揺れ。震源地は新潟の一報を聞いて、長岡の実家に直ぐに電話をかけると繋がって(今、思えば奇跡的ですが)無事を確認したため、職場から至近のフィオーリへ向かったのでした。


ところがお店に着いて、乾杯をして見上げた先のモニターに映し出されていたニュース映像には、長岡駅前に溢れる人達や、家に入ることができずに路上で途方に暮れる人の姿でした。それもあろうことか、テレビからは実家のすぐ近くの地名が連呼されているではないですか。


これはやっぱり飲んでる場合ではない、ということになり、私は踵を返して長岡へ向う決心をしたのでありました。


それからのこと、アルビのことは言うまでもありませんが、私は小さなダンボール箱に、オレンジ色の紙を貼り付けて即席の募金箱を作り、お店に置いていただくことをお願いしました。


それからチャリティーマッチが終わるまでの間に集まった義援金は、第四銀行の東京支店から、新潟県の所定の口座へきちんと送金させて頂きました。


ホントに多くのサポーターから、もちろん他サポをはじめ、海外のサッカーしか見ないような人達からも多額の募金を頂きました。
そして募金箱を快く置かせていただいたマスター、ママに感謝しています。



にもかかわらず。

先の東日本大震災。
東京も相当の揺れと、被害が遭ったときいています。
フィオーリもその例に漏れず、グラスやお皿が割れてしまったといいます。

でも何もしなかった。
飲みにも行けなかった。
なんて薄情者の私。


ということで、今日会いに行きます。
今日飲みに行きます。
東京に着きました。
新宿に向かいます。
[PR]
Commented by cno at 2014-01-28 02:48 x
飲んだくれのたわごと
と云うブログと併せて読んで、泣けました。
Commented by joehenderzone at 2014-01-28 23:28
>conさん

私も、書きながら、思い出して込み上げてきましたw

>飲んだくれのたわごと
>と云うブログと併せて読んで

ここがちょっと、腑に落ちませんがw

"飲んだくれのたわごと"のブログ主も、フィオーリで出会って今に至る大事なサポ仲間です。
by joehenderzone | 2014-01-25 17:26 | アルビレックス新潟 | Comments(2)