アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

川又堅碁2013年最大の野望

日本一遅い川又堅碁情報です。


まずは事実の確認から。
前年J2プレイヤーだった選手で、翌シーズンにJ1で20ゴールに達した選手は史上初。
ゴール数20はエジミウソンの19を抜いて、J1昇格後のアルビレックス新潟史上最多ゴール。
同様に1シーズン2回のハットトリックもJ1昇格後初。

残念ながら、代表には選ばれませんでしたが、ここまできたら、当然新潟史上初の得点王を目指してもらいたいものです。
トップを走る大久保には、申し訳ないですが怪我でもしないかなぁと腹の中では黒いことを考えながら、頭の中では藁人形に五寸釘を打ち付けていた私でしたが、ケンゴ自身は昨夜放送された『すぽると』の中で、堂々の得点王宣言をしていましたね。
アルビの歴史には記憶だけではなく記録にも名前を残すことになったケンゴですが、この勢いで日本のサッカー史上にも記録を刻んでほしいものです。


ところでケンゴと言えば、これまでは記録よりも記憶に残る選手だったのはアルビサポであれば周知のこと。ポストに嫌われたり、クロスバーに当てたり、お腹が痛くなっちゃたりw
中でも一昨年のナビスコカップ準々決勝の名古屋戦。途中出場のケンゴに対して、闘莉王が試合中に言い放った『誰だよ、オマエ誰だよ、誰なんだよ!』事件はその最たるもの。


さて今シーズンの最終節。我らがホームビッグスワンには、その闘莉王擁する名古屋を迎え撃ちます。
ピクシーが指揮するグランパス最後の試合。多くの取材人も訪れることだろうと推察する。件の闘莉王もその去就が不透明であり、ひょっとするともう二度と対戦する機会もないかもしれない。

だからケンゴ、得点王を決めて、奴に言い返してやれ。
『オレだよ、オレ!』
『得点王のカワマタケンゴだよ!』
まさにケンゴにとっては最大で最後のリベンジ・・・のチャンスかもしれないのだよ。







他方、私にとっての今シーズン最大のリベンジが到来しました。
ナビスコカップ△1-1
リーグ戦(H)●2-3
天皇杯3回戦●0-1
最大で、そして来年は果たすことのできない最後のリベンジのチャンス!
このモチベーションで、大分に行ってまいりまーす!
[PR]
by joehenderzone | 2013-11-08 23:14 | アルビレックス新潟 | Comments(0)