アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

生ける伝説

水曜日、お休みを利用してメディアシップに行ってきました。
開館以来、行きたいと思っていたのですが、なかなか実現できず、ようやくその中へ足を踏み入れることができました。
展望フロアはもちろんのこと、気になっていた文化の記憶館など各所をひと通り散策しました。

その感想はまたの機会として、アルビサポとしては気になるのが3Fにあるオールアルビレックスミュージアムではないでしょうか。

えーと。
片田舎の公民館の一角によくありますよね。
郷土史を語る物品が陳列されていて、説明書きがついている。
そんな感じ。


解説のパネルもそこそこに、DVDが放映されているコーナー前のソファに座って昨年度のシーズンレヴューを鑑賞。
腰掛けた時には、9月に万博で行われたガンバ大阪戦が映し出されていました。
ガンバ戦の引分けに続く、大宮戦の引分け。
We are Oneプロジェクトが開始された神戸戦もスコアレスドロー。

選手バスの出迎えが始まった鳥栖戦は、よもやの敗戦。
よくぞ、あそこから3勝しましたね。
はぁ、あの時は・・・、なんて深い溜息をついていると、後に人の気配が。

こんな平日の真昼間に大のおとながこんなところに、なんて自分のことを棚にあげて振り返ってみると、アディダスマークの入ったポロシャツを着た方々が数名。
なんかこのシャツ見たことあるぞ!?
あれ、ヤンツーさん着てなかったっけか?
え?アルビ関係者?
と思って目を凝らすと、神田勝男大先生であられましたw



画面の中では、イサオが涙を堪えながら、
多くの人によってJ1にあがった新潟を、絶対に降格させてはならないと思ってプレーしました。
なんてコメントをしておりました。
まさに。

アルビをJ2からJ1に昇格させ、そして引退されてからは強化部長として、マルシオ、レオシルバのブラジル人をはじめ、ケンゴやムサシを引っ張ってきてくれた立役者。
生ける伝説がご登場したのでした。
会釈をして、軽く挨拶を交わしただけでしたが、ものすごく緊張しました。



秋を迎え、試合開始時間も早くなります。
試合が終わった後にでも、メディアシップ3Fにあるオールアルビレックスミュージアムに、是非お立ち寄り下さい。


そうそう。
引退試合となった2004年ボカジュニアズ戦(かな?)で、胴上げされて中に舞う神田先生の写真も展示されていますよw
[PR]
by joehenderzone | 2013-09-06 18:56 | アルビレックス新潟 | Comments(0)