アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ラボーナ!?

貴章からのグラウンダーのボールに対し、あえて右足を浮かせて自らの身体の下を通過させてから、背後で左足と交叉させるように右足でゴールマウスに流し込んだミシェウさん。
すげぇ~!
あの局面で、あの余裕!!!
(ただ合わなかっただけなのかもしれないけどw)

ま、結局オフサイドだったんだけどね。

その瞬間長岡市某所では、観戦者全員が総立ち。
でも、オレすぐにオフサイドだなって思っちゃった。
テレビ観戦で、ミシェウさんの顔が大写しになった瞬間に、表情が一気に険しくなったってのもあるんだけれど。

ああいう場面、例えばキーパーを交わしてとか、キーパーが振られてとかで、ゴールマウスがガラ空きの状態なんだけど、角度的に難しくて味方に託したんだけどオフサイドみたいな。
パスを受けた方は、待ってましたみたいな感じなんだけど。
見たことあるような気がするよ。
これまでのアルビの試合でも。
今回の場面はもっともっと微妙だったけど。
問題は貴章がパスを出した瞬間でしょ。
ミシェウさんが最終DFより前に出ていたかどうかは。
その後、スライディングをしたDFや、キーパーに触っていたか否かの問題ではなく。

て、冷静になった自分が嫌だったなぁ。
たぶん、現地にいれば絶対に喚き叫んでいただろうに。
おぉぉぉぉー!って叫んで、えぇぇぇぇーってね。

引分けに終わって、目下のライバル達がそろって快勝したもんだから、焦燥感ばかりが漂ってますが、ここも冷静になると、まだ大丈夫って思っている自分がいます。
もちろん厳しいことには変わりはないんだけれども、直接対決となる来月の大宮戦までなんとか喰らい付いて、少しでも差を詰めることができれば、って気がします。

結果的にオフサイドになったけれども、あそこまで懸命に走って来て、あの場面にいたミシェウさん。
(オフサイドラインで止まれったってもちろん無理!)
そして、ボールを奪取してゴール前まで運んだ貴章。
粘り強く闘って、最後の最後で相手が止まった時に、力を振り絞れるアルビらしさが垣間見られたんじゃないかな。

だから最後の最後まで応援しましょう。
そして最後の一押しをしよう!


現地に行かなかったオレに、冷静に言われたくは無いと思いますが・・・
[PR]
by joehenderzone | 2012-09-24 20:11 | アルビレックス新潟 | Comments(0)