アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

食い倒れて・・・共倒れ!?

楽しかった大阪遠征の続きです。
車に乗せてもらったサポ仲間とは、スタジアムでさよならして、我々は新大阪駅前に宿泊。
本当は、祝勝会をしたかったのですが、諸事情により中止。

いや、勝てなかったからではない。雨に濡れてびしょ濡れだったからである。
と言いつつ、小腹も空いたので新大阪駅構内にある普通の一杯飲み屋で乾杯。
チープでしょぼい串揚げを食すが、マジ美味い。
♪なめたら、あかん。なめたら、あかん♪
と天童よしみが回りだしたので、早々に宿に帰って服を乾かして1日目が終了した。

翌日も粉もんを探し、難波へ。
(探さんでも、ぎょーさんあるけど)
こちらもお目当てのねぎ焼き屋に1時間ほど並んで、朝食と昼食を兼ねて、ビールと「酎ハイのレモン」で流し込む。
並んでいたときに観察していたのだが、注文してから焼きあがるまで結構な時間を要するため、ねぎ焼きの他にサイドメニューを注文。
「他とはちゃうで」と謳っているゲソ焼きと、えびのピリ辛炒めを同時注文。
すぐに出てきて、味も抜群!
メインのねぎ焼きが出てくるまで、十分堪能しました。
もちろんねぎ焼きは言わずもがな。


楽しかった大阪遠征に、さらに色を加えたのが、嫁の友達のガンバサポ親子と談笑でした。
試合開始2時間ほど前に会ったのですが、私は彼らとは初対面。
むこうのちびっ子達は最初は、はにかんでましたが、サッカーが大好きで、ガンバの話を振るとノリノリでしゃべり出す、しゃべり出す。

ガンバガール(GG)「あんなー、私、遠藤がすっきやねん」
俺ら「へぇ~、渋いなぁ」
GG「渋いって、なに?」
俺ら「おとなや、って言うことや」
GGは兄のガンバボーイ(GB)を指差して、「GBは加地が好きなんよ、子供やろ?」
俺ら「子供やないで、じゅうぶん渋いで」

GG「練習場行って、サインもろたんよ」
俺ら「へぇ、いいねー。誰の?」
GG「遠藤とか、明神とか、川西とか・・・」
俺ら「川西って誰や?・・・ああぁ、去年2点決められて同点に追いつかれた、あいつや」
GG「川西は、私のお友達なんや」
俺ら「ホンマかいな」
GB「ガンバは、新潟で勝ってないんや」
俺ら「一昨年、勝ったんとちゃうのん」
GB「でも今日は、勝つよ」
俺ら「レアンドロ、今日から復帰なんやろ、反則やわ」
GB「ブルーのロペスもいい選手やん」
俺ら「大人や、大人や。ホンマ大人や(涙)」


楽しい会話は延々と試合開始まで続き、そして来年の再開を誓って別れたのでありましたw

来年は新潟来てね!
だから今日は勝たせてね(はーと)
と、アルビレックス。

いやいや、来年行きたいから勝たせてくれるんとちゃうのん。
と、ガンバ。


来年も行き来できたりして。
違うカテゴリーで!!!


引き分けたのは、俺らのせいとちゃうでぇ。
[PR]
by joehenderzone | 2012-09-21 19:05 | アルビレックス新潟 | Comments(0)