アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お金がない!!!(5月12日 第11節 △1-1浦和)

埼スタまで連れて行ってくれる仲間のバスが見えた時に、その事実に初めて気付いて思わず叫んだのでありました。
あああああぁ、財布忘れたぁぁぁぁぁ。
かくしてノーマネーで、アウエィ遠征への車中の人となったのでありました。

ビールを飲みたいんだけれども、お金がありません。
食事をしたいんですが、お金がありません。
サービスエリアでラーメン食べたいけれども、お金がありません。

それはまるで、どこぞのチームのような状態。
監督を引き留めたかったんだけど、お金がありませんでした。
マルシオを引き抜かれたくなかったけれども、お金がありませんでした。
永田充を残留させたかったんだけど、お金がありませんでした。

お金がない。
それは、お金持ち浦和との闘いに相応しいシチュエーション。
だから一発やってやろうじゃないかと、密かに燃えていたのでした。


ところで、あのFC東京戦の後の一戦ということもあり、どうなることかと思われた浦和戦。
食事会を開くことも考えていたウッチー。
しかし戦前にモバアルにアップされたウッチーのコメントによると
オフ明けの練習でみんなが集まると、自然に『こうした方がいい戦いができるんじゃないか 』というポジティブな会話ができた。それで大丈夫だと感じました
とのこと。
この試合観ていて楽しく、行ける行ける、勝てる勝てる、と何度か思わせてくれる試合だったのではないでしょうか?
実際に、直樹か平井のシュートが決まっていれば・・・(シュートというよりゴールへのラストパスだったね、あれは)、という感じでしたよね。


ひとつ気になるのがこの流れ。
広島戦とその後のFC東京戦を体感しているから、ものすごく気になる。
ホームでの敗戦→選手による修正→アウエィでの健闘。
アウエィでの健闘→相手チームのスカウティング→ホームでの敗戦。
こんな流れになっている気がするのは私だけでしょうか?



ビールを飲みたいんだけれども、お金がありません。
一杯おごってもらいました。
食事をしたいんですが、お金がありません。
先に到着していた関東サポのご相伴にあずかりました。
サービスエリアでラーメン食べたいけれども、お金がありません。
嫁に出してもらいました。
何とかなる。
何とかなるんだよ。
お金がなくても。

「何とかなっちゃった」感たっぷりだったこの日のアルビ。
そんなことを言っているうちに、取り返しの付かないことになりそうな。
好ゲームをしたあとだけど、何か光が見えたような気がしただけに、ぽっかりと大きな落とし穴が、行く手に待っているような。

お金がない。
それだけに原因があるわけじゃない。
財布を忘れたやつに言われたくはないだろうけれど。
[PR]
by joehenderzone | 2012-05-17 20:15 | アルビレックス新潟 | Comments(0)