アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

オレが監督だったら悩むけど・・・クロさんはそこをしっかりマネジメントしてくれるんだろう

川崎からの帰り道に、
>辛抱する時間があるか?
>タイトルを狙うには時間とも闘わなければならないのかもしれない。
なんて書いたけど、ひょっとすると波に乗るまで時間がかかるかもしれない。

今シーズンは貴章の復帰という嬉しい誤算のために、それこそ誤算が生じてもういちど再構築が行われた、いや行われているような気がする。
当初はおそらく、ロペス・平井の2トップ。
もしくはロペス・ミシェウの2トップ、平井の2列目を考えていたのではなかろうか。
しかし貴章の復帰によって、3人を同時に使いたいと3トップを模索し始め、プレシーズンマッチでも試したもののしっくりいかず開幕に至ったような気がする。

そもそも3トップにした時に、オオシのように素晴らしいポスト役がいない。
貴章はご存知のように身長で代表に選ばれたのではなく(岡ちゃんは最初その節があったが)、豊富な運動量が持ち味。
ロペスもターゲットになるものの、本人曰く「日本に来て、初めてポストプレーをやらされた」(私の意訳)と、年末の雑誌で語っていたように仕掛けて切り裂く選手。
平井は、んー、よくわからないけど、「泥臭くても得点は得点」なんて発言からして適役ではないのであろう。

よって、4-4-2で2トップがロペスと平井、貴章は右サイドハーフ。
もしくはロペスとミシェウのトップに、平井と貴章が2列目からゴールを狙うなんてのを想像したりしていましたが。
そしてあえて3トップにするならば、左=ロペス、真ん中=平井、右=貴章かな、なんて。
(以上あくまでも素人考えの妄想デスガ)

そして開幕戦。
ロペス、貴章の2トップに、2列目が小谷野、ミネイロの組み合わせに。
んー、これはこれで良かったんだけど、平井がもったいね~、みたいな。

燻っていて、出場機会を求めて新潟に来たのに、またベンチスタートかよ。
そんな気持ちになっちゃうね。
オレなら。

こんだけ駒が揃ってるのに、無得点かよ。
あんだけチャンスを作ったのに、内容では負けてないのに。
なんて。
平井も、我々サポーターもどれだけ我慢できるか。


ああ。
贅沢な悩み。
贅沢な悩み。
杞憂に終わればいいけれど。
[PR]
by joehenderzone | 2012-03-13 20:58 | アルビレックス新潟 | Comments(0)