アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

たかがナビスコ されどナビスコ

しつこいけどナビスコカップの話。

初の準々決勝進出。
ベスト4逃す。

我がアルビに関しては、そんな見出しが躍ったが、成績的には1勝2敗なだけ。
しかし3試合での得た得点7は、ここまでのリーグ戦の得点力不足から考えると雲泥の差ではある。
まぁ失点は8なんだけど(笑)
しかしもしも先日の名古屋戦に勝利していれば、無条件に(3位決定戦無くして)2千万円を手にすることができていた。
ちなみにリーグ戦は7位で1千万円。
6位でようやく2千万円を獲得できるのだ。
たかがナビスコ。
されどナビスコである。

とは言え、ノックアウトステージで貴重な経験ができたことも確かだ。
思えば、反町監督ラストゲームは、ケイジ兄さんを早々に退場で失い、一人少ない中で延長の激闘を闘った末に敗戦。
2005年の天皇杯磐田戦。
場所はヤマハスタジアム。

ファビーニョラストゲームも、延長で決着がつかなかったが、最後のPKを矢野貴章が外して終戦。
2007年の天皇杯札幌戦。
フクアリでの試合。

鈴木淳監督のラストゲームも、いったんは貴章のゴールで土壇場で追いつくも、延長の末に敗退。
2009年の天皇杯清水戦。
冬とは思えない暖かさだった日本平。
これらの悔しさと共に、今回の惜敗も選手の記憶に刻まれるだろう。

新潟対名古屋。
ご存知のように最終節と同じカードだった今回の対戦。
例えば、新潟はこの試合に負ければ降格が決まる。
名古屋はこの試合に勝てば優勝が決まる。
そんな可能性もなくはない。
まさに負けは即ち死を意味するような一発勝負の状況。
その時に死力を尽くせるか?
闘い抜くことができるか?
諦めることなく。

そんな時にこの試合を思い出してほしい。
たかがナビスコ。
されどナビスコなんだよ。
[PR]
by joehenderzone | 2011-10-07 21:49 | アルビレックス新潟 | Comments(0)