アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

情けない(11月14日 第30節 △1-1神戸)

怒り頂点に達し、烈火のごとき一閃ゴールに突き刺す!

脚に不安を抱えながらも、執拗なマークに遭い、味方のサポートも遠く、その上ファールを取ってもらえずにいた10番の怒りの一撃が決まった。


しかしそんなマルシオの個人技から生まれた虎の子の1点をこの日も守れなかったアルビ。
傾きかけた流れに乗れずにチャンスを潰し、繰り返される相手攻撃の波を断ち切れずに、我慢の限界を越えての失点。


マルシオに対してだけでなく、ボールホルダーに対して2人、3人で囲んでボールを刈取っていくこの日の神戸。
こういう早くて、執拗なプレスに弱いよね。
(浦和を苦手としていることで明らかなように)

マルシオの先制点を守れなかった試合は、これで何試合目だろうか。
撃つ手のなかった我が選手達。
2万人も集まらなかったサポーター。

オレがマルシオだったら。
考えちゃうかもよ。
[PR]
by joehenderzone | 2010-11-15 23:23 | アルビレックス新潟 | Comments(0)