アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

すべてを、共に―。

シーズンパス更新のお知らせが届いた。
早めに継続の更新を表明することは、来シーズンの予算に見通しが立つことであり、すなわち主力選手の引き留めと新戦力の獲得のための大きな力となり得ることを、毎年この時期になるとロアッソ×アントラーズの一つ覚えみたいに主張してきた。
昨年はこんな感じで。
一昨年はこんなネタで。

手元にある「2011シーズンパスご継続のご案内」は、それを的確な表現で雄弁に説いている。
(アルビレックス新潟は)いわゆる親会社と呼ばれる特定の企業による後ろ盾を持ち得ません。そんな中、クラブに大きな安定感をもたらしてくれるのが、パスホルダーの存在です。リーグ戦の日程、ご自身の予定が、まだ決定していない時期に、来年もホームゲームに欠かさず足を運んで応援するという決意を持っていただく皆さまの存在なしには、クラブ経営は成り立ちません。

つまりシーパス保有者が継続すれば、さらに持っていない人達がパスを申し込めば、マルシオは新潟に残るかもしれない。
それでも、巨大な力に屈してしまったら?
残念ながら、チームのために戦ってくれる監督や選手たちは往来します。シーズンが変わる度に、皆様が愛してくださったチームは大なり小なり、その姿を変えて新たな戦いに挑んできました。それでも毎年、最後まであきらめず、ひたむきに走り抜く「新潟のサッカー」をピッチで表現できたのは、皆様にシーズンパスを継続していただき、熱い声援を送っていただけたからです。

そうだ、今年の開幕前を思い出してみよう。
主力が抜けて残留争い必至と思いきや、新戦力が活力を与えてくれたではないか。
ミシェウしかり、西しかり。
新潟が痛快な勝利を収めたとき、それはパスホルダーの皆様一人ひとりの勝利です。皆様の勇気と心意気が、勝利という形で実を結んだのです。

言ってくれるじゃない。
サポーター冥利に尽きます。
2011年シーズン、J1で8年目の戦いはもう始まろうとしています。多くの冒険、荒波が私たちアルビレックス新潟を待ち受けています。来シーズンもクラブの一員として共に戦ってください。

何だか乗せられてる気もしないではないけれど、そうだ、共に戦おう!
継続だ、継続!





Nパスは値上がっている気がするけれど、継続だ、継続!
[PR]
by joehenderzone | 2010-11-11 00:26 | アルビレックス新潟 | Comments(0)